「木の家」を建てるとはどのようなことか TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

木の家には10個の性能があります。
ではそれらを順に見て行きましょう。
まず1つ目は構造の安定性です。
木は軽くて丈夫な材料です。
近年では実大振動実験などで、木造住宅の耐震性の高さが証明されています。
2つ目は火災時でも安心な点です。
一見、木造住宅は火事に弱いと思われがちですが、実は不燃材による外装仕上げや内装材の使用で、火災時の外部からの延焼を防いでいるのです。
3つ目は劣化の軽減です。
耐朽性の高い木材や防腐処理材の使用で劣化を防いでいます。
4つ目は維持管理のへの配慮です。
増改築やリフォームがしやすいので、設備変更や維持管理が容易な点が挙げらます。
5つ目は温熱環境です。
木材は金属よりも断熱性が高く、他の断熱材との併用で冬場は暖かく、夏は涼しい室内環境を実現出来ます。
6つ目は空気環境の良さです。
天然木の香りと木材特有の調湿性(吸湿と放湿を繰り返します。
)が特徴です。
7つ目は光・視環境です。
木材は有害な紫外線を吸収・反射防止する力を持っており、目に優しいのです。
8つ目は音環境の良さです。
木材には適度に音を吸収して美しく響かせる「効果があります。
9つ目は高齢者への配慮です。
床材や手すりなどに用いると、冷たくないので快適です。
最後は防犯対策です。
住宅の外装材に使用され、また、環境に適した仕切り材として、防犯上のスクリーンとしても用いられます。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    住む人のことを考えてビニールクロスや新建材などの工業製品をなるべく使わずに、木や漆喰、和紙などの体に優しい健康素材をふんだんに使用した埼玉の注文住宅なら、匠の技を活かした伝統的な木造軸組工法(在来工法)にこだわった家作りをしているのでお勧めです。
    Copyright(C) 「木の家」を建てるとはどのようなことか All Rights Reserved.