木材の良さ

木材の良さ

1.木材は究極のリサイクル材料です。
木材は適切に森林を管理すれば半永久的に再生産できる材料であるとともに、廃材から新たに製品をつくることができて循環利用が可能です。
さらに繰り返し利用することが可能な木質プラスチック等の新素材や生分解性ポリマーとして利用する技術が開発されてきています。
最後には、化石燃料に代わるクリーンなエネルギー源として利用できます。
2.木材は軽くて強い材料です。
スギやアカマツは比重あたりの強度が高く、軽くて強い材料と言えます。
メリットとして運搬費が安い・現場での組立が容易・木材の建物は重量が軽いことがあげられます。
3.木材は火災に強い木の家は一見火災に弱いように思われますが、断面が厚い木材は、表面に着火しても表層に炭化層ができて燃えるのに時間がかかるため、短時間で家が崩れ落ちることはありません。
4.木材は省エネの材料木材は鉄やアルミニウムと比べて炭素放出量が大変少なくなります。
このことからエネルギーを必要としない省エネ材料であり、地球温暖化に大きく貢献する材料であると言えます。
5.人の健康や心理面で良い影響を与えます木材の持つ特性は、人に心地よい感覚を与える材料として様々な特長があります。
例えば、断熱性の高さ、目にやさしい、ダニの繁殖を抑制する、音を心地よく調整するといったものがあります。

    関連サイトのリンク集

  • 納得いくまで相談に乗ってくれるイチヨシホームは自然に囲まれた小田原の土地や不動産に精通している会社です。自然豊かな小田原に理想の住まいを築く為に後押ししてくれます。ぜひご相談してみて下さい。

Copyright(C) 「木の家」を建てるとはどのようなことか All Rights Reserved.