木の家のメリットとは

木の家のメリットとは

木の家には独自の良さがあります。
ここでは、そんなメリットについて見て行きましょう。
まず1つ目は、木材は究極のリサイクル材料である点です。
正しく森林管理をすれば、半永久的に再生産出来ると共に、廃材から新たな製品を作ることが出来る、循環可能な材料なのです。
また、近年では繰り返し使える木質プラスチックや生分解性ポリマーなどとして利用する技術が開発されています。
最後には燃やして蒸気や電気を作ることで、エネルギー源としても用いることが可能です。
2つ目は、軽くて強いことです。
これはすなわち運搬費が安く済むことや、現場での組立が簡単なこと、建物の重量が軽いことに繋がります。
3つ目は、意外にも火災に強いことです。
断面が厚い木材は表面に火がついても表層に炭化層が出来て、中まで燃えるのに時間がかかるのです。
4つ目は、健康面や心理面で良い影響があることです。
温もりやダニの繁殖抑制、衝撃緩衝作用で、疲労の蓄積が少なくて済むというデータが出ています。
5つ目は省エネ材料であることです。
製造時の炭素排出量が圧倒的に少なく、エネルギーを必要としないため、地球温暖化防止に役立ちます。
6つ目は、膨大な量の炭素を貯蔵出来る「第2の森林」の役割をする点です。
そして最後に、木質バイオマス資源を利用出来る点があります。
有機性資源である「バイオマス」の中でも木質のものは発電施設などで利用されるのです。

    Copyright(C) 「木の家」を建てるとはどのようなことか All Rights Reserved.