木の良さを生かした木の家の性能

木の良さを生かした木の家の性能

1.構造の安定木材は軽くて軽くて強い材料(比強度が最も高い建築材料)です。
振動実験などにより、木造住宅の耐震性の高さが実証されています。
2.火災時の安全不燃材による外壁仕上げ材料や内装材との関係から火災時における木の効用を生かした新たな規定が設けられています。
3.劣化の軽減ヒノキなど耐久性の高い木材や必要部分への防腐処理剤の使用により、木造住宅の寿命を守ります。
4.維持管理への配慮木の家は他構造の家と異なり、増改築・リフォームが安易なため、設備変更や維持管理がしやすいことも特徴の1つです。
5.温熱環境木の家は構造材として木材自身が金属等と比較すると断熱性に富むことがあげられます。
他の断熱材と補いながら、冬暖かく、夏は涼しい快適な室内環境をつくることができます。
6.空気環境木材は天然木の香りの効用に加え、木材特有の調湿性があります。
吸湿と放湿を適度に繰り返し、室内環境の湿度を自然に調整してくれるのです。
7.光・視環境実は木材にも紫外線吸収、反射防止などの効果があります。
目にもやさしい素材です。
8.音環境石やコンクリートなどの硬い材料では音をはね返し反響します。
一方、木の家は、適度に音を吸収して音が美しく響くなどの効果があります。
木の家は良い性能づくしであり、豊かな暮らしを支えます。

    運営者の一押しWEBインフォメーション

  • 民泊などのAirbnb代行で投資を考えている方におすすめしたいのが、Febowです。空き部屋対策としてAirbnbなどの民泊サービスを利用したい方向けに語学対応やお部屋のインテリアや写真撮影や鍵の管理や清掃などの手続きを全て代行してもらうことが出来ます。ご興味があるかたは是非ご相談下さい。

Copyright(C) 「木の家」を建てるとはどのようなことか All Rights Reserved.