木の家について知っておきたいこと

木の家について知っておきたいこと

意外と知られていない木の家の良さやつくる際に知っておきたいことなどを掘り下げてお届けします。
日本人は、昔から「木」の文化を伝承し、木の家に暮らして生活を営んできています。
現代においても木造住宅は、多くの人の住まいとして一般に利用されています。
木に包まれた日常は、健康的で美しく、暮らしに潤いをもたらします。
木の家では健康的な生活が楽しめます。
木が持つ様々な特性により、木の家で暮らすと健康で長生きできるといわれています。
たとえば、風邪や病気になりにくいのは、湿度調整機能と高い断熱性により、快適な空間を保持することができるためです。
さらに、効果のあるフィトンチッド成分が放散され空気を浄化するとともに、人の心や体に作用して気分が爽快になります。
ストレスを解消し、情緒を安定させる効果もあるのです。
また、木の家では疲労も少なくてすみます。
歩くとき、コンクリートの床は硬いため、足や腰でまともに衝撃をうけてしまいますが、木の感触はやわらかく、衝撃を吸収する作用があるため身体への負担が少ないです。
その効果は学校でもあらわれています。
生徒がインフルエンザにかかり学級閉鎖になる割合が鉄筋コンクリート造の校舎の半分にとどまっています。
その他にも先生の「慢性疲労」の訴えも少なくなっています。

    Copyright(C) 「木の家」を建てるとはどのようなことか All Rights Reserved.